時の記念日に
2017年6月19日
Category NEWS

天智天皇が日本で初めて設置した水時計、“漏刻(ろうこく)”が時を刻み、鐘を打ち鳴らして時を知らせたのが、6月10日。この日が時の記念日となりました。ふじ組も規則正しい生活や時間を守ることの大切さを改めて感じ、時計を作ることにしました。鳩時計、振り子時計、オルゴール時計、デジタル時計などを園内外に見学に行き、2グループにわかれ、鳩時計と振り子時計を作ることに決めました。「振り子時計は音がなるよね」「鈴をつけようよ!」と相談して決めたり、「どうやってハト出したらいいか、考えてきたよ!ハトを出すのに、わりばしの先にくっつけて、扉から押して出したらいいんじゃない?」とアイディアを出す子もいました。出来上がった時の子どもたちの表情は、達成感で輝いていました。

 CIMG7395 CIMG7403 CIMG7405 CIMG7426

このエントリーをはてなブックマークに追加