2017年11月27日
Category NEWS

世界の各地では、様々な災害、戦禍または病や貧困の中で、苦しみ悲しみの中にある多く人々がいることを私たちは知っています。ばら・すみれ・ふじ組の子どもたちは、映像と担任の先生の話を通して学び、希望を見出せるよう祈ります。『(食べ物がなくて)石を食べているお友達がいたよね』『これ(献金)で、食べ物たくさん食べられるかなぁ?』と、困難の中にある人々に心を寄せます。

DSC04687 DSC04686

献金箱も自分たちで作りました。ばら組の献金箱は天使、すみれ組はベル、ふじ組はツリーです。クリスマスまでの1ヶ月間、おうちのお手伝いなどをして貯めた献金箱は、子どもたちの思いがつまっています。『ご飯を食べられないお友達がいるんだよね』『お手伝い、いっぱいがんばったよ』と、みんな笑顔で献金箱を持ってきてくれました。

DSC04694 DSC04691 IMG_2012 IMG_2007 IMG_2005 IMG_2008