2017年7月29日
Category NEWS

指折り数え、楽しみに待っていた2泊3日の大村キャンプ!ワクワクドキドキしながら保育園を出発しました。キャンプ場に着くと、空には数えきれない程のたくさんのトンボ。「たくさんトンボが飛んでる!」と、子どもたちは目を輝かせました。アカハライモリにカエル、カワトンボ、オニヤンマ‥保育園では出会えない生き物が、とりかぶと自然学校にはたくさん住んでいます。アカハライモリが子どもの手から指へと進み、しっぽを絡ませます。すると、その動きに「かわいい!」「おもしろいよー」と大喜び。そして、虫とり網をかまえている子どもたちに、“つかまえてごらん”とでも言うようにすり抜けていくトンボたち。「きたきた!」「なかなかつかまらん!」と初めは網をブンブン振り回すだけでしたが、コツをつかんでくると、「初めてトンボつかまえた!」「もう4匹目!」と子どものねばり勝ちでした。透き通るきれいなハネや大きな目をのぞき込んでいる子どもたちの姿は、生き物たちから多くの発見をプレゼントされた様でした。

CIMG8237 CIMG8442 CIMG8233 CIMG8232

キャンプ場では、自分たちでおにぎりを丸めたり、食べたお皿を洗ったりします。すいかわりの後には、たね飛ばしをしたり、初めての経験がいっぱいです。

CIMG8474 CIMG8260 CIMG8389 CIMG8381 CIMG8365 CIMG8105 CIMG8195 CIMG8225

並んで歯みがきをしたり、大きな岩の露天風呂に入ったり。また、地面に足のつかない縁側で礼拝を守り、笹舟を作って流しました。

CIMG8325 CIMG8341 CIMG8391

“元気”“友情”“思いやり”“平和”を誓ったキャンプファイヤーでは、炎の熱さ、明るさを感じながら、歌ったりゲームを楽しみました。

CIMG8292 CIMG8270 CIMG8498

そして、川遊びでは水の冷たさを覚えました。飛び込んだり、水の流れに流されたり逆らったりしてみました。体が冷えたら、太陽の熱で温まった石に寝転びました。自然の中にはたくさんの学びがありました。仲間と過ごした3日間、自然からたくさんの贈り物を受け取って帰ってきました。

CIMG8143 CIMG8141 CIMG8132 CIMG8123 CIMG8121 CIMG8626 CIMG8610 CIMG8566