2019年10月29日
Category NEWS

ばら・すみれ・ふじ組は、バスに乗って、三重の芋畑に芋ほりに行ってきました。

IMG_0481 IMG_0463 IMG_0461 IMG_0459 IMG_0460 IMG_0475 IMG_0469 IMG_0477 IMG_0478 IMG_0485 IMG_0483 IMG_0482 IMG_0455 IMG_0453 IMG_0448 IMG_0446 IMG_0445 IMG_0443

芋ほりが初めてのばら組は、絵本でみていた“おいもの親子”を探して、「ん~よいしょ~」「どこにいるの?」「なかなか取れないよ」とつるを引っ張ったり、スコップで少しずつ土を掘っていました。大人に「ここからお芋さんの声がするみたい」と場所を教えてもらうと、「ほんとだ!いたいた!」と嬉しそうに掘っていました。「なんだか、おひげがいっぱいあるよ」「みんなくっついてる~」と、お店で見る芋との違いも実感しているようでした。

 CIMG9981 CIMG9974 CIMG0119 CIMG9969 CIMG0088 CIMG0098 CIMG0075 CIMG0052 CIMG0048 CIMG0041 CIMG0044 CIMG0040 CIMG0026 CIMG0024 CIMG0019 CIMG0018 CIMG0006 CIMG0012 CIMG0002

すみれ・ふじ組は「今日はおうちでお芋パーティーするんだ」「私、お芋のてんぷらにしてってお願いするの!」と、どんな料理に変身のか想像し、わくわくしながら掘りました。おうちの人が喜んでくれる顔を思い浮かべ、「みて!大きいの!パパのにしよう!」と自分の顔ほどの芋を得意げに袋に入れていました。

IMG_0487 CIMG0113 CIMG0111 CIMG0108 IMG_0507 IMG_0499 IMG_0496 IMG_0495 IMG_0493 IMG_0491

 芋ほりのあとは、海を眺めながら、芋で膨らんだ袋を大事そうにそばにおいて、お弁当を食べました。秋の実りを感じることができた1日でした。

2019年9月6日
Category NEWS

ふじ組がお店探検に行き、出店するお店を決め、お買い物ごっこの商品を子どもたちが製作し、売り手・買い手を楽しむお買い物ごっこ。

お財布や衣装、看板やセッティングまで、ふじ組を中心に当日までたくさんの準備をします。2階のホールで、前半後半に分かれ、「いらっしゃいませ」「これください」「100円です」と、やり取りをします。ほしい商品を店員さんに伝えて、財布からお金を支払い、マイバックに入れたり、その場で身に着けます。大きな子が「100円はこれだよ」と教え、バックに入れたりお世話する様子も見られました。今年は髪切り屋さんもあったので、「どんな髪型にしますか?」「ドライヤーしますね」「かわいい飾りも付けますね」と、いろんなサービスが見られました。

P9060751 P9060764 P9060765 IMG_0215 IMG_0211 IMG_0202 IMG_0217 P9060774 P9060786 P9060789 P9060820 P9060824 IMG_0167 IMG_0141 IMG_0158 CIMG9605 CIMG9680 IMG_0168 IMG_0180 IMG_0187 IMG_0188 IMG_0189

お買い物ごっこで持ち帰った商品は、家庭で遊んでいますと、保護者の方から話を聞きました。商品のほとんどは廃材で作ったものです。お菓子の箱のパソコンや掃除機、うどんやおにぎりなどですが、楽しかった気持ちといっしょに大切にしてくれているようです。

2019年8月3日
Category NEWS

今年も、学童の子どもたちは大村黒木キャンプ場に2泊3日のキャンプに行ってきました。子どもたちが、キャンプで楽しみにしていることのひとつは、川遊びです。透き通る水に、両手を思いきり伸ばしてジャンプ!それから、浮き輪につかまって川下り。頭からもぐって、『そっちに(魚が)いったぞ』『回り込め!』『早くて、なかなかつかまらん!』『今の大きかった!』と協力しながら、素手で生き物を追いかけていました。岩を滑り台にしたり、お尻で水の流れを止めてみたり、流れも楽しんでいました。おたまじゃくし、かに、とんぼ、カエルなど生き物にも出会えました。田んぼに不思議な足跡を見つけてどんな生き物か想像したり、山の影がどうしてあんな形をしているのか考えてみました。自然の中には、たくさんのなぞなぞと、子どもの数だけこたえが隠れていました。

 DSC00666 DSC00679 DSC00698 DSC00704 DSC00826 DSC00823 DSC00829 DSC00832 IMG_4102 IMG_4104 IMG_4123 IMG_4106 DSC00568 DSC00573 IMG_4121 DSC00635 DSC00632

キャンプ場では、自分たちでお米を研ぎ、材料を切り、火をおこします。包丁や缶切り、火吹き竹や火ばさみなどの道具を上手に使い、上級生が『やけどするから、終わったらここに置くんだよ』『(缶切りは)ここに引っ掛けて回すんだよ』と声をかけながら、焼きそばやカレーを作りました。

DSC00748 DSC00584 DSC00582 IMG_4154 IMG_4149 IMG_4166 IMG_4097

夜にはナイトハイキングとキャンプファイヤー、花火をしました。キャンプファイヤーでは、火を囲んでそれぞれのグループが出し物をしたり、歌ったり、踊ったりしました。ナイトハイキングではたくさんの蛍が“ぽおっ”と光っていて、『うわぁきれい』『ツリーみたいに木で光ってる!』と感動しました。大村の黒木キャンプ場で、今年もすてきな時間が過ごせました。

DSC00591 DSC00608 DSC00755 DSC00789 DSC00790 DSC00718 DSC00744 DSC00796 DSC00794 IMG_4143 IMG_4145 IMG_4138 DSC00646 DSC00647 IMG_4339

 

 

2019年7月27日
Category NEWS

毎年、年長のふじ組は大村のとりかぶと自然学校へキャンプに行き、いろいろな体験をしてきます。宿泊施設の広場で陣取りが始まると、のびのびと走り回って、『やった!(陣を)取った!』『もう1回したい!』とみんなやる気満々で、活き活きと遊びこんでいました。

IMG_3934 IMG_3933 IMG_3995 IMG_4004 IMG_4022

 みんなが楽しみにしていた川遊び。想像していたよりも、水が冷たくて、子どもたちはびっくり。初日と2日目は足先だけつけていましたが、3日目の川遊びでは、すべすべの岩を滑り台にしたり、腰くらいの深さでぴょんと飛び込んだり、おもいきり楽しんでいました。水たまりで、つかまえたアカハライモリやカニを放して、『くねくね泳いでる』『あれ、カニどこに隠れたのかな?』と、生き物の姿を観察する子どもたちの姿も見られました。足の生えたオタマジャクシを、『いまからカエルになるんだよね』『この子は、手もあるよ』とのぞき込んだり、川魚を捕まえたりしました。

IMG_4088 IMG_4090 IMG_3906 IMG_3908 IMG_3900 IMG_4050 IMG_4093

 自分たちで割ったすいかわりのスイカは、とてもおいしくて、おかわりして食べました。半屋外のスペースでは、お皿を洗ったり、おにぎりを握ったり、自分たちでできることをがんばりました。キャンプ場のお兄さんが火をおこして、大きな鉄板でじゅうじゅうと焼いてくれた焼きそばを『いいにおい!おいしそう!』と嬉しそうに眺め、『おかわりしていい?』とお腹いっぱい食べました。

IMG_3913 IMG_3911 IMG_3917 IMG_3922 IMG_3921 IMG_4035 IMG_4038 IMG_4042 IMG_4028 IMG_3947 IMG_4062

広い敷地内で探検したり、キャンプファイヤーや花火もしました。キャンプファイヤーに火をつけると『なんだか熱い』と少し離れていた子どもたちも、ダンスやじゃんけん列車をして、火が小さくなるにつれ、『火の中にホタルがいるみたい』『赤いホタルだね』と、少し近づいて、火の粉をじっと眺めていました。岩の露天風呂は、大きくて温かくて、『また入りたい』特別なお風呂でした。濡れたアクアシューズにトンボがとまって羽を休めているのを見つけて、『休憩中かなぁ』とつぶやいたり、『いっしょ行こう』『引っぱってやるけん』とお友達と手を取り合って坂道を登ったり、仲間といっしょにひとまわり大きくなれた3日間でした。

IMG_4070 IMG_4068 IMG_3955 IMG_3954 IMG_3951 IMG_3966 IMG_3898 IMG_4094 IMG_3983

 

 

 

 

 

2019年6月30日
Category NEWS

0.1.2歳児の子どもたちは、保育者といっしょに、小さな山を作ったり穴を掘ったりして遊びます。手をつないでもらって山を登り、崩れると嬉しそうに笑います。裸足になって足を埋めてもらい、ひんやりした感触を楽しみ、それからずぼっと足を抜いて『でたー!』『お砂だらけ!見て!』と楽しそうです。お皿や茶碗に砂を入れて『ご飯だよ、食べて』と保育者に持ってきたり、『アイスクリームだよ』と、型はめを使って色んな形を作っています。

IMG_4024 IMG_0084 IMG_0093 IMG_0082 P6040592 P5100180 P5100182

 3.4.5歳児の子どもたちは、お友達と力を合わせて大きな山を作ったり、東西からトンネルをつなげることもできます。トンネルを掘りすすめていた手が、お友達の手と当たると『わぁ!おててがとどいた!トンネルがつながった!』と大喜び。水を流して、水路を作ったり、泥んこ池にして足を入れ楽しんでいます。

また、園庭の砂場は、大きなふじの木の下にあるので、その葉っぱでおままごとの飾りつけをします。桜の葉っぱやヒイラギの葉っぱなど、形や色の違いを見つけて、デコレーションケーキも作ります。さらさらの砂だけ集めて、丈夫な泥団子を作って、得意げに見せ合ったり、砂場はいつもにぎやかです。

DSC00110 DSC00107 DSC00106 DSC00098 CIMG9050 CIMG9046 CIMG9053

 

1 2 3 4 30